サンメゾン宝塚エルド スタッフブログ

【マンション生活の湿気対策】

マンション生活の湿気対策

 

マンションで生活している方の中には、湿気に悩まされている方もいると思います。

そこで、マンション生活の湿気対策を紹介します。

 

160628_FB_SM宝塚_01

 

<家具の置き方に注意する>

 

今までは家具の置き方に注意した事がなかった方もいるかも知れません。

しかし、壁に面して家具を置く時には、気を付ける事をおすすめします。

壁と家具の隙間が無いように置いてしまうのではなく、ある程度は隙間を開けるように置くと良いのです。どれぐらい隙間を開ければ良いのかと言うと、5cm以上であると言われています。ご自身のマンションの家具の置き方は、どうなっているかチェックすると良いと思います。

 

<マンションの室内に洗濯物を干す際は注意する>

 

天候の悪い日々が続く事によって、マンションの室内に洗濯物を干す場合もあると思います。ただ、マンションの室内で洗濯物を干すと湿気の要因となる事が考えられます。

そこで、マンションの室内で洗濯物を干す時には工夫をする事をおすすめします。

 

・事前に洗濯物の水分を飛ばして干す

 

事前に洗濯物の水分を飛ばした方が、マンションの室内に干している時間が短くなる傾向にあります。例えば、洗濯物がしっかりと濡れた状態で干す事とある程度水分が飛ばした状態で洗濯物を干す事であれば、どちらが干している時間が長くなるかは想像が付くと思います。

 

・ドライヤーや扇風機も使用して干す

 

部屋の中で洗濯物の自然乾燥を待つよりもドライヤーや扇風機も使用した方が時間が短縮できる傾向にあります。天候が悪い時に早く使用したい洗濯物に対して、集中的にドライヤーを使用して乾燥させた経験のある方もいるかも知れません。また、扇風機を使用するのであれば、そのスイッチを入れれば良いので楽だと思います。

 

<お風呂場では、湿気に気を付ける>

 

お風呂場では湿気が高くなりやすい傾向にあるので、その湿気対策に注意する事をおすすめします。そのお風呂の湿気対策としては、以下の方法があります。

 

・お風呂場を使用した後は、その水分を拭く

 

お風呂場を使用すると、そこに水分が飛び散る事になると思います。

こちらをそのまま放置する事は、湿気の観点から考えると良くありません。

そこでお風呂場を使用した後は、その水分を拭く事をおすすめします。

 

・お風呂場を使用した後は換気をする

 

お風呂場を使用した後には、そこに付いている換気扇を動かすと良いです。

この時にポイントなるのがお風呂場の人が出入りする部分になります。

このお風呂場の人が出入りする部分は開けておくのではなく、閉めておいた方が良いでしょう。何故かと言うと、お風呂場に充満している湿気を他の部屋に流さない為です

お風呂場の湿気が他の場所まで及んでしまう事は避けたい所だと思います。

 

<意識的に換気する>

160628_FB_SM宝塚_02

マンション生活で湿気対策する際には、換気する事も大事なポイントになります。

その換気する時には、換気扇を動かす方法と窓を開ける方法と扇風機を使う方法等があります。

 

・換気扇を動かす方法

 

住んでいるマンションに換気扇が付いているのであれば、いつも動かしておくと良いです。

換気扇が動いている事によって、空気の換気に繋がる訳です。

 

・窓を開ける方法

 

窓を開けて換気をする場合は、ポイントがあります。

それは、窓の開ける間隔と開ける窓の数の2つのポイントです。

窓を開ける間隔は少しだけにして、開ける窓の数は2つ或いは2つよりも多くすると良いでしょう。

 

・扇風機を使う方法

 

換気に扇風機を使用する方法もあります。例えば、換気扇や窓では換気出来ない様なクローゼット等の箇所に使用します。クローゼット等は意識をして行わないと、自然に内部の換気が出来る事は難しい事が考えられます。クローゼット等の換気をしない事によって、内部に仕舞っていた物にカビが生える事態の要因の一つとなる事も考えられるので注意しましょう。

 

<マンションの室内に置く品物には注意する>

 

暮らしているマンションの室内には、色々な品物が置いてあると思います。

そんな品物の中で、湿気の要因となる事が考えられる物もあるので注意すると良いです。

 

・観葉植物

 

マンションに住んでいる方で、室内で観葉植物を育てる事が趣味の方もいるでしょう。

この室内で観葉植物を育てる趣味自体には、個人の楽しみだと思います。

しかし、室内の観葉植物の数等によっては、湿気の要因となる事が考えられるのです。

もし、マンションの室内の湿気を何とかしたいと思っている場合は、室内に置く観葉植物を減らす事も検討した方が良いかも知れません。

 

・水槽

 

マンションの室内で水槽で魚等を飼育して楽しんでいる方もいるかも知れません。

この飼育する為の水槽が湿気の要因となるケースもあります。

この室内に水槽がある場合の湿気対策としては、そちらに蓋をする事等が挙げられます。

水槽の蓋に関しては、販売されている物もあります。

 

<まとめ>

 

マンションの湿気対策の中には、すぐに行える物もあったと思います。

湿気をどうにかしたいと思っているのであれば、行える範囲で実践して行く事をおすすめします。

  • サンメゾン宝塚エルド

【梅雨の時期の部屋干し】

ジメジメした天気が続く梅雨は、湿気が多くて洗濯物が乾きにくい時期ですよね。

普段から部屋干しをしている家庭では、洗濯物の生乾きの嫌なニオイは厄介なもの。

そんな梅雨の時期でも、洗濯物がカラッと乾くように選択の仕方や干し方を工夫してみましょう。

湿気が多い季節にやっておきたい、部屋干しのコツとやり方をご紹介します。

 

 

【どうして部屋干しの洗濯物は嫌なニオイがするの?】

見出し1

 

部屋干しした洗濯物は、独特の生乾きのニオイが気になりますよね。

この部屋干しで洗濯物が臭ってしまうのは、アルデヒドや中鎖アルコール、中鎖脂肪酸などの物質が原因。

これらは洗濯しても服に残ってしまった汗や皮脂などが分解、酸化して発生するニオイなのです。

本来は直射日光によって殺菌され、独特のニオイが残りにくいのですが、梅雨の時期の部屋干しでは、何日も日光が当たらないこともありますよね。

そのため、洗濯物が乾くまでに時間がかかり、濡れている間に汚れが菌の温床となって、あの嫌な生乾きのニオイを生み出してしまうのです。

 

 

【まずはこまめな洗濯を心がけよう】

見出し2

 

 

一度にまとめて洗濯をしたら、雨の日が続いてなかなか服が乾かずに、次の日に着るものがなかったという経験はありませんか?

家族が多い家庭ではほとんど毎日洗濯をしていますが、一人暮らしの家庭では数日に一度や、週末にまとめて洗濯をするところも多いですよね。

梅雨の時期は湿気が溜まり、洗濯物の風通しが悪くなる時期。

一度にたくさんの洗濯物を干してしまうと洗濯物同士の間隔が空かず、服が乾くまでに時間がかかってしまうのです。

そのため、洗濯物同士が重なってしまわないよう、できるだけこまめに洗濯をして、干す量を減らすことが、洗濯物を早く乾かすための基本ポイントです。

 

 

【洗濯の仕方も工夫しよう】

 

見出し3

 

梅雨の時期の部屋干しは、どうしても生乾きの嫌なニオイが気になってしまいますよね。

しかし、ニオイを取ろうとして普段よりも洗剤や柔軟剤の量を増やすのは、あまりおすすめできません。

洗濯中に溶け切らなかった洗剤や柔軟剤の残りが服に付着すると、それがカビや雑菌の温床となり、洗濯物の嫌な臭いの原因になってしまうのです。

そのため、臭いを抑えるには梅雨の時期だけでも部屋干し用洗剤を使ってみるという手も。

通常の洗剤よりも除菌力が高く、臭いを抑える効果があるため雨が続く時期でも生乾きの臭いが残りにくくなります。

ただし、部屋干し用洗剤を使ったとしても、洗濯物の風通しがよくないとニオイ残りが起こりやすいので、干す環境にも気を配るようにしましょう。

 

また、洗濯が終わった衣類はできるだけ早く干すようにしてください。

朝に洗濯機を回して、夕方に帰ってきてから洗濯物を干すという人もいるでしょう。

しかし、洗濯物が濡れたままだと洗濯槽や服に菌やカビがどんどん繁殖して、汚れが酸化してニオイを発生させてしまいます。

そのため、洗濯機が止まったらすぐに干せる時に洗濯をしましょう。

 

 

【洗濯物を早く乾かすコツ】

見出し4

 

 

洗濯が終わった衣類は、できるだけ風通しを良くしてカビや菌が繁殖する前に乾かすことがニオイを残さないために大切です。

以下のポイントを抑えて、素早く洗濯物を乾かしましょう。

 

・洗濯物は重ならないよう間隔を空ける

 

洗濯物全体に風が当たるよう、洗濯物同士の間隔は最低でも15センチほど空けておきましょう。

 

・面積の広いハンガーを使う

 

衣類の中に空気を取り込めるよう、ハンガーは太めのものを使うのがおすすめ。

細い針金ハンガーだと、服の前後の生地が重なってしまい乾くまで時間がかかってしまいます。

生地の間に隙間ができるように、ハンガーは太めのプラスチック製を使いましょう。

 

・厚手と薄手、長いもの短いものは交互に干す

 

Tシャツだけを続けて並べるよりも、パーカーとTシャツなど厚手と薄手のものを交互に並べることで洗濯物の間に隙間ができて乾きやすくなります。

また、長いタオルと短いタオルがあったら交互に干すと、隣同士の空間が広くなるので意識して干すようにしてください。

 

・長袖や靴下は逆さに干す

 

長袖や靴下など、生地が筒状になっている衣類はそのまま干すと袖の部分に水分が溜まり、洗濯物が乾くまで時間がかかる原因に。

そのため、水分が早く抜けるよう長袖は逆さにし、面積の広い部分を下に来るようにて干しましょう。

靴下も履口の部分が下に来るように、つま先の部分を上にして吊るしてください。

 

・スカートやズボン類は筒干し

 

生地が厚く、筒状になっているスカートやズボンは乾くまで特に時間がかかる衣類。

そのため、洗濯物の中に空気が入るよう、ハンガーピンチを使ってウエスト部分を広げ、筒干しにしましょう。

裏地がついているものや、ポケットが内側にあるものは裏返しして全体が均等に乾くようにすれば、乾きにくい内側も素早く乾かすことができます。

また、筒干しにすれば型崩れしにくく、シワもつきにくいため洗濯後のお手入れも楽チンですよ。

 

・カーテンレールには洗濯物をかけないで

 

部屋干しでついやってしまいがちなのが、カーテンレールを物干し竿の代わりにして洗濯物を乾かすこと。

カーテンレールに洗濯物を干してしまうと、カーテンと洗濯物が触れる部分が半乾きになってしまいます。

また、カーテンが濡れてその部分に菌やカビが繁殖してニオイの原因になったり、カーテンの生地が傷んでしまったりするので気を付けましょう。

部屋干しをする場合は、専用の物干し竿を用意して、濡れた洗濯物が周りに触れない環境を作ることが大切です。

 

100円ショップなどでも購入できる突っ張り棒は、簡単に部屋干しスペースを作るのに便利なアイテム。

壁同士の間隔が狭い場所があれば、道具もいらずに低コストで物干し竿の代わりになります。

水を吸った服はとても重くなるので、突っ張り棒が外れないよう耐荷重が20キロ以上のものにしておくと安全です。

 

 

【干した洗濯物を早く乾かすコツ】

見出し5

部屋干しした洗濯物をできるだけ早く乾かすには、衣類が乾きやすいよう空気を乾燥させてください。

そこで以下の道具を使って、洗濯物を素早く乾かしましょう。

 

・扇風機

 

扇風機の風は洗濯物の水分を飛ばして、湿度が高い空気を移動させることができます。

雨が続いて洗濯物が乾かない時は、扇風機をフルに使って強い風を当て続けてみましょう。

洗濯物全体に風が行き渡るよう、首振り機能を使って全体をまんべんなく乾かすのがコツ。

扇風機は1日(12時間)使い続けても、電気代は10円ほどなのでコストをかけずに洗濯物を早く乾かしたい人におすすめです。

 

・除湿器

 

除湿器や換気扇、エアコンの除湿機能などを使って部屋に溜まった湿気を取り除くのも、部屋干しの洗濯物を早く乾かすコツです。

扇風機と併用すれば、さらに早く洗濯物を乾かすことができますよ。

 

 

【アパートなら浴室乾燥機がおすすめ】

見出し6

 

 

最近のアパートやマンションには浴室乾燥機がついている物件が増えてきています。

浴室乾燥機があれば、そこに洗濯物を干して乾燥ボタンを押すだけで快適な部屋干しができます。

しかし、浴室乾燥機はエアコンや洗濯機の乾燥機能よりも電気代がかかるのがネック。

そこで、コストを抑えるコツとしておすすめしたいのが以下の方法です。

 

①洗濯物を浴室に干したら、扇風機の風を当てておく。

②その後浴室乾燥機の換気モードを入れ、浴室のドアを10センチほど開けて乾かす。

③ある程度洗濯物の水分が抜けたら、扇風機を止めてドアを閉め乾燥モードを使う。

 

この一工夫だけで、洗濯物が乾くまでの時間が短縮して、電気代もカットすることができますよ。

ぜひ浴室乾燥機を活用し、やっかいな梅雨の部屋干しを快適にしたいですね。

 

<まとめ>

梅雨の部屋干しはニオイが残って、洗濯をするのが憂鬱な時期。

しかし、洗濯物の洗い方や干し方を工夫すれば、梅雨でもニオイが気にならず爽やかな洗い上がりに仕上げられます。

今回紹介したポイントを抑えて、梅雨でも素早く洗濯物を乾かして快適に過ごしましょう。

  • サンメゾン宝塚エルド

映画「阪急電車-片道15分の軌跡-」 阪急今津線

2011年に公開された映画「阪急電車-片道15分の軌跡-」をご存じですか?
片道約15分の阪急今津線を舞台に、電車内や駅で人々のふれあいから生まれる

小さなドラマを描いたこの映画は当時話題になりました。
阪急今津線の各駅や近隣地域で多くの住民がエキストラとして参加し、ロケも行われました。
サンメゾン宝塚エルド最寄り駅の逆瀬川駅や小林駅も映画に登場していますよ!
逆瀬川では宮本信子さんと芦田愛菜ちゃんが演じるおばあちゃんと孫娘のシーンの撮影が
行われました。2人が犬を連れて歩いた写真の場所はどこかわかりますか?
  160617FB画像_SM宝塚01
↑ 2人が犬を連れて歩いた歩道
コープ方面から逆瀬川に向かう歩道です。
本当に何気ない場所がロケ地となるものですね。
また戸田恵梨香さん演じるミサが逆瀬川駅から電車に乗るシーンもあります。
小林駅では中谷美紀さん演じる翔子の重要なエピソードがあります。
160617FB画像_SM宝塚02
↑ 翔子が降り立った駅前
駅前から商店街、そしてスーパー「イズミヤ」という普段の生活におなじみの場所が登場。
160617FB画像_SM宝塚03
↑ 翔子が歩いた商店街
駅構内でも印象的なシーンが撮影されています。
他のエリアも宝塚ホテルなど「あっここは!」と思う場所ばかり。
見慣れた場所を映画の中で見るとちょっと不思議な気持ちになります。
阪急今津線沿線に「住みたい!」「住んでいてよかった!」と思える、とても素敵な映画です。
映画をまだご覧になってない方、是非観てみてください!
原作の小説もより深く沿線の様子が描かれているのでオススメです。

  • サンメゾン宝塚エルド

隣りのスーパーに看板が設置されました

マンションの隣に建築中の「ロイヤルホームセンター」さんに続いて、

「スーパー万代」さんも看板が設置されました

すぐ隣がスーパーなので

毎日の生活がとても便利です。

IMG_2747

 

  • サンメゾン宝塚エルド

お問い合わせ

サンメゾン宝塚エルド 現地販売センター0120-188-343

営業時間

営業時間 AM10:00~PM6:00(水曜日定休)
※携帯電話・PHSからもご利用になれます。

来場予約
資料請求
閉じる ×